お顔を見られるのはちょっと苦手・・・ (三四郎くん)